美容

腸内環境を整えて美肌になる

肌をきれいにするには、化粧品でのケアだけでなく内側を整えることも大切です。ポイントは腸です。食べたものは胃で消化されて腸で吸収されます。美肌を作るためには、ビタミン、ミネラル、脂質、タンパク質など多くの栄養が必要です。食事やサプリメントで栄養を摂っても、腸で吸収されないと効果が発揮されません。吸収をよくして体内で働かせるには、腸をきれいにしておくことが大切です。
善玉菌を増やす食品を食べることで腸内環境がよくなります。
食物繊維は善玉菌のエサになって善玉菌が住みやすい環境を作ります。野菜・果物・海藻・きのこなどに多く含まれています。外食が続くと不足しがちになるので、意識して摂りましょう。
オリゴ糖も善玉菌のエサになります。たまねぎ、バナナ、ごぼう、はちみつなどに多く含まれています。オリゴ糖のシロップを利用するのもよいです。砂糖の代わり飲み物に入れたり、ヨーグルトにかけて食べると摂取しやすいです。砂糖に比べて低カロリーです。
発酵食品には乳酸菌が豊富に含まれています。ヨーグルトにはいろいろな乳酸菌が使用されています。人の腸に住む菌は人それぞれで、ヨーグルトに使われている乳酸菌は人によって合う合わないがあります。いろいろ試して合うものをみつけてください。
肌は腸の状態を表すともいわれています。腸内環境が整うと、肌がきれいになってきます。

Sub menu

TOP