美容

洗顔方法を変えたらお肌に潤いが戻った

冬になると決まって顔が乾燥し、粉が吹きます。
ひどいと皮もむけてパリパリになりメイクが浮いて汚く見えます。
同僚にもどうしたの?と心配されるくらいひどい乾燥肌です。
様々な保湿化粧品を試してきましたが、つけた瞬間は潤っていますが朝起きた時や昼過ぎには顔がパリパリに乾燥してしまいます。
これからどんどん歳を重ねていけば乾燥だけではなくシワやタルミなどの悩みも出てくるのに今からこんな状態だと心配です。
美容関係に勤めている友人に久しぶりに会ったので、肌の悩みを話したらクレンジングと洗顔方法を指摘されました。
小鼻の黒ずみも気になっていたのでオイルクレンジングや石けんでしっかり洗っていたのが逆に良くなかったみたいです。
アドバイスされたミルクタイプのクレンジングと、しっとり仕上がる洗顔フォームに切り替えてみたら驚くほど肌質が変わりました。
今までさんざん粉が吹いて困っていた肌も、しっとりと安定しました。
小鼻の黒ずみも目立たなくなり教えてくれた友人に感謝です。
どうして肌が変わったのか聞くと、洗いすぎることでお肌の皮脂膜を取りすぎて保湿力が低下していたそうです。
小鼻は乾燥する肌を保湿しようと皮脂が過剰に出た結果らしいです。
今では毎年冬が来ても怖くなくなりました。
肌質はケア次第で変わるんだなと実感しました。

Sub menu

TOP